ダウ理論|正しい環境認識で目線を決める!エントリーまでの手順(実践編)

スポンサーリンク
ダウ理論、環境認識 【初心者向け】室長のFX講座

ダウ理論の存在を知ったものの、

  • 具体的にFXトレードでどう活用すればいいのか分からない
  • 高値や安値の基準が分からない
  • どうなったらトレンド継続や転換したことになるのか判断に迷う
  • 環境認識って何?

などといった悩みはありませんか?

チャート分析を行うには、環境認識をはじめ、当然ですがダウ理論の内容を大まかにでも理解していないといけません。

ダウ理論の詳細については理論編にまとめておきましたので、まだダウ理論自体を知らない方はぜひ学んでみてください。

また、知っているという方も復習がてら参考にしてみてくださいね。

今回は理論編の次の段階となる実践編になります。

ダウ理論をもとに環境認識を行い、具体的なチャート分析の方法からエントリーまでの流れをお伝えしますので、ぜひあなたのトレードに活かしてください。

前提としては、デイトレードからスイングトレードを想定しています。

私はスキャルピングでのトレードを行わないので、スキャルピングは想定していません。

とは言え、スキャルピングでもトレード前の準備としては同じなので、参考になるとは思います。

まずは環境認識

チャート分析において一番最初にやらなければいけない重要な確認があります。

それが環境認識です。

環境認識とは、今の価格がチャート上でどんな状態にあるのかをしっかりと確認する作業のようなものです。

例えば、「今の価格は4時間足上だと強い上昇トレンドの前回高値付近に位置している。」

「1時間足上では大陽線が連続して高値を更新中。」

など、時間足ごとの現在地を確認します。

エントリー用の時間足が自分のシナリオ通りに動く可能性が高くなったらトレードを行います。

これは複数の時間足を総合的に分析するマルチタイムフレーム分析に繋がりますが、また別な記事で紹介するので、今回は詳しい説明を割愛します。

環境認識をする時にダウ理論が活きる

環境認識を行う際に考慮しておかなければいけない重要な要素がトレンドの概念です。

上昇トレンド、下降トレンドをしっかりと基準をもって認識できているかがポイントになります。

同じ上昇トレンドでも、短期のものもあれば長期に渡るものもあります。

また、トレンドの強さの見極めもトレード判断に欠かせない要素となります。

それに、トレンドの途中であっても調整局面を迎えて価格が反対方向に向かっていく場合があります。

これを見て「トレンドが終了したのでは?買いを狙っていたけど、売りに切り替えよう」

などと簡単に考えてしまうと後で痛い目に遭う可能性が非常に高いので注意が必要です。

ダウ理論の法則に従って、高値(安値)の切り上げ(切り下げ)、安値(高値)の切り上げ(切り下げ)が崩れたタイミングを狙うのであれば問題ありませんが、振り返ってみるとただのレンジ移行だったなんてことが多いものです。

なので、トレンドの把握はトレードにおいて絶対条件になります。

トレンド転換のサインはローソク足の確定を待て

ダウ理論の中に

トレンドは明確な転換サインが発生するまで継続する

という原則があります。

この「明確な」という部分に疑問を抱く初心者の方は多いと思います。

私の中の定義では、

  • ローソク足が確定している
  • ローソク足の実体でネックラインや押し安値、戻り高値を抜いている
  • サポートラインとレジスタンスラインが入れ替わっている

この3つが条件になります。

ローソク足が確定している

ローソク足の確定前に焦ってエントリーをしたことがある方は経験があると思いますが、全然値幅が獲れなかったり、損失を出すことが多くありませんか?

確定前のローソク足を闇雲に信じてはいけません。

実際、足の確定直前にヒゲで一気に返される場面を見たことはありませんか?

足の確定前は大陽線になりそう
足が確定する頃には上ヒゲの長い陰線

イメージしやすい例を挙げると、月足や週足、日足など長期足の強力なレジスタンス(サポート)ラインや200日移動平均線などにぶつかった時です。

これは、高値や安値をブレイクしようと試しにいったものの、

決済指値で待ち構えていた大きな反対売買圧力や損切注文を巻き込んだことを意味します。

適当な突っ込みでエントリーするとすぐに含み損を抱えてしまったり、損切されてしまう原因の一つはこれです。

では、より明確なトレンド継続や転換のサインは具体的にどうなれば良いのでしょうか?

ローソク足の実体でネックラインや押し安値、戻り高値を抜いている

トレンド転換で一番分かりやすい例を挙げると、

ローソク足の実体がネックラインや押し安値、戻り高値を抜けて確定した時です。

これで、少なくともトレンド継続の定義(高値、安値の更新)のうち半分はなくなります。

逆にトレンド継続の場合は、押し安値や戻り高値をローソク足の実体で抜けて確定しません。

短期足では実体抜けが起きることもありますが、上位足においてはヒゲでしか抜けていません。

ヒゲで抜けていたとしてもそれは「明確に」抜けたと認識しないトレーダーが大半です。

俗に「ダマシ」と呼ばれる現象です。

サポートラインとレジスタンスラインが入れ替わる

押し安値や戻り高値を抜けたら、次にこれまでサポートライン(レジスタンスライン)として機能してきた価格帯が、今度は一転してレジスタンスライン(サポートライン)として機能し始めます。

これは、ロールリバーサルと呼ばれる現象です。

この時に形成される代表的なチャートの形がダブルトップ(ダブルボトム)や三尊天井(逆三尊)になります。

反対方向のトレンドが発生する

そして、方向感を失ってレンジでもみ合い、その後、これまでとは反対方向へのトレンドが新たに発生します。

この際、トレンド転換は短期足から発生してくるので、自分の監視している時間軸よりも下位足を注視しておく必要があります。

下位足でのトレンド発生を確認できたらいよいよエントリーの準備が整います。

まとめ~エントリーまでの流れ~

  1. トレンドの把握
    1. 長期トレンド(月足、週足、日足)の把握
    2. 中期トレンド(4時間足、1時間足)の把握
    3. 短期トレンド(15分足、5分足)の把握
  2. ラインの確認
    1. レジスタンスライン、サポートラインの確認(高値、安値の強さを確認)
    2. トレンドラインの確認
  3. トレードシナリオの構築
  4. リスクリワードの確認
    1. 損切ラインを決める
  5. エントリーポイントの決定
    1. フィボナッチリトレースメントなどを駆使してエントリーポイントを決める
  6. 待つ
    1. トレードシナリオと同じような状況になるまで待つ
    2. 短期足でエントリータイミングを計る
    3. ローソク足が確定する
  7. エントリー
  8. 決済

しっかりとした環境認識ができるようになるだけでもある程度は損失を限定したトレードができます。

ここから更に自分なりの細かいエントリートリガーを決めることでより勝率の高いトレードができるようになります。

ぜひチャートを沢山見て、精度の高い環境認識を身に付け、過去検証も加えた上で自分に合ったトレード手法の確立を図ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました